CHECK

成功させよう!?一戸建てやマンションなど物件種別ごとのリフォームの基礎知識を解説

日本の住まいは非常に老朽化が進んでます。
建設ラッシュであった高度成長期に建てられたマンションや一戸建ての老朽化がはなはだしく、改修の必要があるのです。
特に水回りなどは損傷が激しく早急に対処すべきといえるのです。
一戸建てやマンションでは改修すべきことが異なってきます。
当サイトででは物件ごとのリフォームで必要なことなどをご紹介していきます。
当サイトが少しでも物件改修お役に立てることを願ってやみません。

成功させよう!?一戸建てやマンションなど物件種別ごとのリフォームの基礎知識を解説

一戸建ての場合にはマンションのような管理組合がないので、外壁塗装や防水加工の必要性が高いです。
これを怠ってしまうと屋根や壁から雨水がしみ込んできて、カビや朽ち果てる原因になります。
マンションの場合は、排水の排管を主にリフォームすべきといえます。
老朽化が進んだマンションでは排管が破裂して、いつ階下に水漏れをしてしまうかもわかりません。
後で指摘され莫大な損害賠償請求にならないために、専用部分の排管を中心に水回りリフォームしておくことが成功の鍵です。

マンションリフォームには専有部分と共有部分のしばりがある

高価でローンも使っての自分のお城なマンションですが、メリットもいっぱいありますが、ちょっとLDRを広げたいなぁとか、キッチンをオープンにしたいなぁとかリフォーム願望が芽生えてきます。
まず管理組合と言う特有の組合があり、そこでいろいろ規約を設定しています。
これがかなりの細かさで、あまり周りがやらないことは管理組合に掛け合う必要があるのです。
それはいじってはいけない所と言うものが存在するのです。
玄関から入ったところからもう自分の物と思われるでしょうが、実はいろいろと居室内には共用で使用しているものが通っていたり、設置してあったりします。
全く手を付けられないものとして、バルコニー、キッチン排水立管、洗面、バス排水立管、キッチンレンジフード、トイレ汚水立管。
これだけではないですが、専有部分でも移動できない設備が通っているのです。
そのためリフォーム時にはどこをどのように変更するのかを管理組合に確認が必要になります。
その中でもバルコニーは避難経路になっていて、避難梯子が端の住居に設置されています。
バルコニーはほとんど手が付けられない状況なのです。

マンションリフォームは管理規約を守ることが大切

一戸建てを保有している場合、その住宅をどのように扱っていくのかはその家主の判断に依存することになります。
ただ、マンションなど多くの人達が生活をしている場所ではこのような考えでリフォームを行うことはできません。
周囲の住人たちの迷惑になってしまう可能性もありますので、きちんと許可を取りながら正しい形で進めていく必要があります。
実際に、分譲マンションであったとしても管理規約などを守りながら進めていかなくてはならないのが基本です。
例えば、マンションの中には洗濯物を干してはならなかったり、付帯設備に関してそのマンションを管理している側が全てのにお金を出さなくてはならない等の規約も存在します。
そういったルールを守る形のリフォームは認められず、あくまでもそのマンションでの契約や考え方が主軸なるので注意が必要です。
特に、リフォームできる範囲や料金が発生する仕組みに関しては管理規約に照らして考えられることが多いので必ず確認しておくことです。

リフォームとリノベーションの違いとは?

DIYが流行しているという事も有りますが、それと同じように注目されているのがリノベーションです。
何となく同じような印象があるかもしれませんが、リフォームとは違います。
リフォームは例えばキッチンやトイレや浴室などの水回りであったり、床や壁など古くなった所を部分的に修理をして使えるように新しくすることをさします。
一方リノベーションに関しては、壁を取っ払って間取りまでも変えてしまうぐらいの大掛かりな工事をさします。
DIYレベルではなく、一般的には業者に任せることが多いです。
デザイナーに依頼をいて、1から設計してもらって大掛かりに変えてしまうという事も有ります。
まずは口コミ評判なども参考にして、自分達のニーズに合った工事を依頼出来る会社を探していきます。
リフォームを専門的に行っているところもありますし、そういった中で実績がある所を選んでいくというのもおすすめポイントです。
もちろん実例も参考にしていきましょう。

マンションの内装リフォームの費用相場300万円前後

気に入って購入したあるいは住み始めた家も年月が経つにつれてどんどん古くなって汚れが目立ってきます。
また、年齢を重ねる連れてこれまで感じなかった個所が不便・危険と感じることもあります。
そんな時には思い切ってリフォームをしてみましょう。
リフォーム費用は行う個所や範囲や内容によって大きく異なりますが、「マンションに住んでいて300万円前後で内装のみ行ってほしい」という場合、かなりきれいな仕上がりが期待できます。
3LDKほどの広さのマンションであれば、廊下・洗面所・お風呂場・キッチンを含むすべての部屋のクロスとフローリングを新しくすることができますし、まだ予算が余るようでしたら照明器具やカーテンなども部屋の内装に合わせて新しくチェンジすることも可能です。
リフォームの費用は施工会社によって大きく異なりますので、まずは見積もりを出してもらってから依頼するようにすることが大切です。
口コミも確認しましょう。

リフォームに関する情報サイト
リフォームで快適な住まいを!

日本の住まいは非常に老朽化が進んでます。
建設ラッシュであった高度成長期に建てられたマンションや一戸建ての老朽化がはなはだしく、改修の必要があるのです。
特に水回りなどは損傷が激しく早急に対処すべきといえるのです。
一戸建てやマンションでは改修すべきことが異なってきます。
当サイトででは物件ごとのリフォームで必要なことなどをご紹介していきます。
当サイトが少しでも物件改修お役に立てることを願ってやみません。

Search